Nahls

  • home
  • about
  • lineup
  • movie
  • cafe
  • 素肌サプリメント

nahls CAFÉ

Here are interviews of nahls brand product users.

ナールスブランドをご使用いただいている方々をご紹介します

ピアニスト 城居裕貴さん

JAN. 2017

今回は、宝塚市でピアノサロンを経営されているピアニスト、城居裕貴さんのご登場です。

城居さんは、ナールスが応援している「何歳でも輝く女性を目指すプロジェクト『シャイニーウーマン』」のメンバーのお一人です。
今回、お仕事やスキンケアについてインタビューさせていただきました。

ピアニスト 城居裕貴さん

 

お仕事や活動について


 

― 今のお仕事と活動内容をお話いただけますか? ―

ピアノ演奏と指導の両方を行っています。

指導の方は、自宅をピアノ教室にして、生徒さんを集めピアノ指導しております。
演奏の方は、宝塚カフェドヴォアラでの定期的な演奏と、月1回、いろいろな場でコンサートやライブを行っています。

色んなジャンルの演奏を行っていますが、大学でクラシックを学んだので、クラシックがベースです。
好きなポップスやセッションでは、ジャズも演奏することもあります。

 

城居さんのピアノサロン「ヴィフ(VIF)」のホームページはこちらから

 

ピアノ教室

 

 

― 今のお仕事を始めたきっかけは何でしょうか? ―

4歳からピアノを習い始めたのですが、小学生の卒業文集で、「夢はピアノの先生」と書いた記憶があります。

その後、音大生だった頃、難しいクラシックよりも、聴いていただいて和んでもらえる音楽を続けたいと思うようになりました。

そんな折、大阪のホテルなどで演奏できるという事務所のオーディションがあり、挑戦してみたら無事合格。
当時、大学生だったのですが、事務所に所属することで多くの方に出会えたり、ホテルなどで演奏できる機会が増えました。

演奏技術だけでは難しく、雰囲気作りや選曲なども大切な仕事だと感じ、より興味を持って現在まで続けることができました。

 

 

― 今のお仕事でウレシイことやご苦労されることは、何でしょうか? ―

ピアノ教室では、5歳のお子さんから80歳以上の方まで幅広くおられます。80代の方は、2カ月前からの参加です。
その方は、たいへん素敵な方ですが、レッスンそのものを楽しんでいただいています。

大人の方は、ピアノの技術というより自身の変化を楽しんでいられるようです。
一方、小さなお子さんは、曲が弾けるようになることで成長を見守れますし、親御さんが将来を楽しみにされたりしています。

どちらも目的は違いますが、その楽しい様子や、変わっていかれるお手伝いをしていることが、生きがいになっています。

また、発表会も2年に1度は開催していますが、こちらの都合でプログラムを組むのでは無く、ご本人たちが好きな曲を弾けるようになるお手伝いをしています。

演奏については「聴けて良かった」、「素敵でした」などの感想を頂いた時は、本当に嬉しいです。

 

 

お肌やスキンケアについて


 

― お肌の状態を健康に保つために、スキンケアで気をつけていることは? ―

レッスンなどで夜遅くなってしまうことも多いのですが、睡眠をたっぷり取るようにしています。

また、ライブやステージで演奏する場合は、メイクが濃い場合があります。だから、クレンジングには、日々、注意を払っています。特に、ステージがある日はなおさらです。

以前は、知識がなかったので、メイクを落とすことにこだわって、ゴシゴシ擦っていました。しかし、今ではそれがお肌に良くないことを知ったので、刺激のないように柔らかいクレンジングを行うように心がけています。

また、ダブル洗顔も行っています。

 

 

― エイジングケアという点ではいかがでしょうか? ―

実は、20代のころからシワ対策は意識していました。当時から、年齢を重ねてもシワが目立つのを避けたいと思っていました。

特に、目の周りには気を使っていて、高機能な基礎化粧品を使い続けています。

また、よく笑うので、表情ジワにならないように意識しています。

 

 

― 食事などで気をつけていることはありますか? ―

野菜、ヨーグルト、納豆など体に良いものを、毎日、またはそれに近く摂っています。

また、できるだけ身体に良いと思えるものをバランス良く摂ることは意識しています。

 

 

― 肌質や肌のことお悩みはありますか? ―

シミやそばかすが出来やすいことが悩みです。
小学生のころから、プールなどに入ると日焼けして、真っ赤になっていました。

今では、日焼けすることを避け、冬場でも紫外線対策として、日焼け止めを塗っています。

だから、美白は強く意識しています。

 

 

― スキンケアアイテムを選ぶ際に重視されるポイントは何でしょうか? ―

アレルギーはなく、敏感肌でもありませんの、どんな化粧品でも使えます。

これからは、エイジングケアを意識した選び方を勉強したいと思います。

 

 

― ナールスをお使いいただいたご感想はいかがでしょうか? ―

久しぶりに、しっとりした肌を取り戻しました。

目覚めた時、なんだか肌が軽くなっていて、とても快適です。

 

IMG_6030

 

 

城居さんからのスキンケアとエイジングケアの質問と回答


 

インタビューの中で、城居さんからエイジングケアやスキンケアについてご質問をいただきました。それについての回答です。

 

Q.紫外線対策や美白についての注意点を教えていただけますか? また、美白サプリメントについてはいかがでしょうか?

今、やっておられるとおり、冬場でも日焼け止めは大切です。

夏ですと、日傘やファッションで対策することも良いですし、サングラスなども紫外線対策として大切です。

また、紫外線のアフターケアとしては、食べ物でビタミンA、C、Eを摂ることや、エイジングケア化粧品でビタミンA、C、Eの誘導体が配合されたものも良い選択肢です。

 

詳しくは、下記も参考にしてください。

※紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

※外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

 

 

Q.エイジングケアの基礎化粧品の選ぶ際に、これから気をつけたほうがよい点は?

年齢を重ねるとどんな方でもお肌が老化するので、エイジングケアの視点で刺激のある成分を避けることが大切です。

アルコール、合成香料、合成着色料などはできれば避けた方が無難です。また、自分の肌に合わない成分も知っておいたほうがいいですよね。

 

詳しくは、「エイジングケア化粧品の効果とその選び方は、7ステップで!」をご覧ください。

 

 

Q.化粧水をつける際に、コットンを使っても問題ないのでしょうか?

コットンでも手でも正しいつけ方であれば問題ありません。

ただし、コットンの場合は、品質の悪いコットンを使ったり、強くパンパンとたたくとお肌への刺激が強くなる場合があるので、注意しましょう。

 

詳しくは、「エイジングケア化粧水を使うには、手?コットン?どっちがよいの?」をご覧ください。

 

 

Q.洗顔料は、泡ができている泡タイプと自分で泡を作るのはどちらが良いのですか?

一概にどちらが良いとは言えません。ポイントは、どんな成分が配合されていて、それが自分のお肌に合うかどうかです。

一般論ですが、泡タイプは、泡をモコモコさせるために発泡剤が含まれている場合があります。また、強い界面活性剤が配合されている場合があるため、選び方には注意が必要です。

自分で泡を立てるタイプには、様々なものがあるので、選択肢は広いと思います。
お肌が敏感でないなら、良質な石けんでできた洗顔料がオススメです。

 

詳しくは、「洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方」をご覧ください。

 

 

将来や夢について


 

― 今後、挑戦したいこと、力を入れていきたいことは何でしょうか? ―

実は、2017年6月にCDデビューする予定です。

企画の詳細はこれからですが、ピアノソロ、弾き語り、オリジナル曲などを含めて作っていきたいと思っています。ある程度は進めているので、2017年度の初めから、本格的な制作を進めたいと思います。

 

最後に、城居さんからビデオメッセージを頂きましたので、ご紹介いたします。